ほくろ治療でコンプレックス改善【見た目を美しく】

鏡を見る女性

適切な治療を受ける

美容皮膚科ではほくろ治療を行なえますが、治療法にはくり抜き法や切開縫合法、炭酸ガスレーザーなどの方法があります。治療を受ける際まずは予約を取ってから美容皮膚科へ来院するようにしましょう。

頬を触る人

レーザー治療の特徴

レーザー治療をすればほくろ除去することができ、痕も目立たないので安全性が高いといえます。もしレーザーでほくろを取れない場合はくり抜き法を使って除去することもあります。治療後はアフターケアも重要です。

カウンセリング

除去にかかる料金相場

美容皮膚科や美容外科でほくろ治療をすることができますが、ほくろ治療にかかる費用を知った上で治療を受けるようにしましょう。医師に確認することができるので、無料カウンセリングなどのサービスを活用してください。

治療をする方法を知る

鏡を見る女性

自己判断しないことが大切

ほくろはいつどこにできるか全く予想することができません。顔ならすぐに分かりますが、腕や背中、足などはすぐに気づくことができず時間が経ってから気づくことも多いでしょう。洋服で隠れるなら特に意識することもありませんが、顔などにほくろができると目立ってしまうため、それをコンプレックスに感じてほくろ除去を考える人が少なくありません。ほくろは自分の手で除去するのはやめた方が良いとされていますが、その理由として除去に失敗すると痕が残ってしまうからです。ほくろ除去に失敗すればどんなにスキンケアをしても一生痕が残ってしまうでしょう。そのときは皮膚科でレーザー治療などの治療をしてほくろ痕を消さなければならない手間がかかります。コンプレックスとなるほくろは美容皮膚科での治療で除去することが可能なので、まずは美容皮膚科へ行って診察を受けてみてください。基本的に美容皮膚科ではレーザーを使った治療法と、メスを使ってほくろを根元から切開する方法があります。どちらもほくろ除去をすることができますが、治療法が違うとともに料金も異なるのでそれぞれを比較してから治療を受けるようにしましょう。小さなほくろなら切り取る範囲も狭くなるため身体に大きく負担をかけることがありませんが、大きいほくろになればなるほど負担が大きくなるため、そのほくろに有効的な治療法を提案してもらう必要があります。ほくろ除去を成功するためには腕のある医師によって変わってくるので、美容皮膚科を選ぶ際は信頼できる医師を見つけることが重要になります。そのため美容皮膚科へ治療しに行く前に必ずインターネットや雑誌、テレビなどから美容皮膚科の人気や評判をチェックしておくようにしましょう。人気だけではなくその美容皮膚科で行なわれている治療法や設備なども調べておくと治療を受けるか否かの判断がしやすいです。調べてもなかなか美容皮膚科を決められないときは無料カウンセリングサービスも利用しましょう。

治療方法の違い

電気メスによるほくろ治療ならレーザー治療に比べて一回の治療で終わるため、身体への負担も極力少なく抑えることができるといえます。一方レーザー治療は一回だけでなく、何回か定期的に治療をすることで初めてほくろ除去の効果を期待することができます。電気メスのメリットは短時間での治療ですが傷が残りやすく、レーザー治療のメリットは治療完了までが遅いものの、傷跡が残りにくいという特徴があります。治療法によってメリットやデメリットがあるので、それを踏まえた上でどの治療法にするのかを決断しましょう。診察のときに医師がほくろを確認して最適な治療法を提案してくれるので、医師に相談をした上で治療を決めていくのが良いです。またレーザー治療は傷が残りにくいという特徴がありつつも、ほくろ除去後に再発するリスクがあるといわれています。もちろん100%再発するというわけではありませんが、再発の可能性があるということを認識しておきましょう。レーザー治療はほくろの奥まで刺激を与える効果が少ないことから、色素が取り残されてそこから再発をしてしまうのです。電気メスなら一回の治療で色素をほぼ除去できるためレーザー治療よりも再発の恐れはないとされています。万が一除去したほくろが再発したとしても、保証制度に加入していれば無償で再治療をしてくれるので、保証サービスが充実している美容皮膚科を選ぶようにしましょう。保証がなければプラス料金を支払って治療をすることになるので、それよりも保証のある方がお得に済ませることができます。美容皮膚科によって保証があるところとないところがあるため、事前に確認をしてから診察を受けるようにしましょう。また皮膚科によって治療にかかる料金も違うため、診察のときにどのくらいの費用がかかるのかを確認しておくようにしてください。平均相場は治療ごとに決まっていますが、その人のほくろの大きさや状態によっても治療の費用が変動することがあります。