ほくろ治療でコンプレックス改善【見た目を美しく】

  1. ホーム
  2. レーザー治療の特徴

レーザー治療の特徴

頬を触る人

メリットやデメリットを知ろう

ほくろ除去治療で代表的なものの一つがレーザー治療です。レーザー治療ではほくろを除去できる他にもシミ治療にも有効的だということから治療を受ける人が年々増加しています。またレーザー治療ならメスと違って切開をする必要がないため、肌への負担も軽減することができるでしょう。ほくろの中には水分が蓄積されているため、レーザー治療ではその水分を蒸発させてほくろを除去していきます。こうすることでほくろを無くすことができますが、中までレーザーの威力がいかないこともあるため再発のリスクもあるといわれています。比較的安全にほくろ治療ができるレーザー治療ですが、その反面再発の恐れもあるので治療を受ける際はしっかりメリットやデメリットを把握しておくようにしてください。レーザー治療なら出血も少ないため出血多量になってしまう心配がなく、傷も残りにくいでしょう。ですがレーザー治療は全てのほくろに通用するというわけではなく5mm以下のほくろにしか治療を行なうことができないので注意が必要です。身体の中でも顔は小さなほくろがいくつもできやすいため、顔にたくさんの小さいほくろがあるならレーザー治療を選択しましょう。副作用で治療後は肌が赤くなることもありますが、しばらく安静にすれば健康的な肌色に戻ってほくろの痕も消えていきます。大きなほくろはメスを使ったくり抜き法などが有効的とされているので、医師と相談をして治療を決めていくのが良いです。

時間の経過で変わる

ほくろは治療を受けることで除去することができますが、正常な肌に戻るためには多少時間がかかってしまいます。特にくり抜き法では根元からえぐりとっているためその部分が凹んでしまいます。治療直後は違和感がありますが適切なアフターケアを繰り返していれば肌の再生も早くなり、凹みも徐々に消えて見た目が綺麗な肌に戻すことができるでしょう。アフターケアの仕方によっても治療後の肌の経過が異なるため、早く綺麗な肌を取り戻したいならしっかりケアをするように心がけてください。小さなほくろであれば5000円ほどで治療をすることもできますが、大きいほくろになればそれだけ費用も上がってくるため、ほくろ治療にかかる費用はその都度医師に確認しておくようにしましょう。カウンセリングのときに医師がほくろを見て治療にかかる費用を大まかに出してくれます。その費用に納得した上でほくろ治療をするようにしてください。