ほくろ治療でコンプレックス改善【見た目を美しく】

  1. ホーム
  2. 適切な治療を受ける

適切な治療を受ける

鏡を見る女性

最新機器を使った治療

自分でほくろ除去をすればお金がかかることもありませんが、その方法だとリスクが大きいため、安全な方法で除去をしたいならほくろ治療を行なう美容皮膚科で治療をするようにしましょう。皮膚科なら保険適用されるので費用負担を抑えることができますが、美容外科だと保険適用外となるため注意が必要です。保険適用かどうか分からない場合は直接美容皮膚科に連絡をして確認しておくのが確実であるといえます。ほくろ治療はいくつかありますが、美容皮膚科で行なっている治療法は以下の通りです。まずほくろ除去をする方法の代表的なくり抜き法では、特殊な器具を使ってほくろを根元からしっかりくり抜くという方法ですが、除去後はその部分が凹んでしまいます。しかし時間の経過とともに少しずつ凹んだ部分が盛り上がってくるため、見た目も綺麗になってくるでしょう。ごくたまに凹みが全く治らないという症状もあるので、そのときは医師に相談をして治療を受けるようにしてください。次にメスを使って行なう切開縫合法ですが、これはくり抜き法でリスクが大きいほくろに対して適用されることが多いです。くり抜き法にはほくろのできている場所によって上手く治療ができないところもあるので、そのときに切開縫合法が行なわれています。この切開縫合法は技術が必要とされているため、腕の良い医師にしか治療を行なうことができません。そのためどの皮膚科でも展開されている治療ではないといえるでしょう。メスを使ってほくろを除去した後に、糸で縫合をするという工程で治療をしていきます。縫合してしばらくしたら抜糸をして治療が完了します。また他にも炭酸ガスレーザーでは特殊なレーザーを患部に当ててほくろ自体を蒸発させていくという治療をしていきます。大きなほくろよりも比較的小さめのほくろにレーザー治療が効果的だといわれているので、小さなほくろを除去したいときはこの治療法を選択するのが良いでしょう。更にほくろ治療では凍結法やQスイッチヤグレーザーなどの方法が行なわれていますが、美容皮膚科によっても治療法が違うため、ホームページなどを見てどの治療が受けられるのかを事前にチェックしておくと良いでしょう。

美容皮膚科の予約方法

ほくろ治療を受けたいときは美容皮膚科へ事前予約することが必要となります。美容皮膚科によっては予約せず来院することができるところもありますが、基本的には予約をしてから訪れるようにしましょう。人気店であった場合は予約せず来院した場合診察を受けること自体できないこともあるので注意が必要です。予約はインターネットか電話から行なうことができるので自宅からでも簡単に予約をすることができます。予約をしたら来院日に美容皮膚科へ行って診察を受けましょう。初回の場合は詳しい問診をしてから医師に治療法を決めてもらうことができます。またカウンセリングでほくろ除去について話したいことがあるならそのこともはっきり医師へ伝えるようにしてください。初回は診察のみで、そのときにほくろ治療をする日時を決めていきます。土日に予約を取るよりも平日の方が取りやすいので、できるだけ混雑を避けて希望時間を選びたいなら平日を選ぶようにしましょう。ほくろ除去の治療をするときはまず麻酔をして痛みを感じないようにしてからメスやレーザー治療をしていきます。治療中は痛みを感じることもないので、何も心配することなく治療を終えることができるでしょう。治療が完了してもしっかりアフターケアをしていかなければ副作用の発生や、再発の恐れがあるのでしっかり医師の説明を聞いた上で治療後のアフターケアを欠かさないようにしてください。ほくろ発生の原因となるメラニン色素を抑えることによって再発を防止することができます。また肌に紫外線が極力当たらないようにすることも大切です。治療後の患部はとても敏感になっているため、紫外線を浴びることで肌にダメージを与えてしまうことがあるので注意が必要です。アフターケアが万全で再発したときの保証制度がある美容皮膚科なら安心安全に治療を受けることができるでしょう。